コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

JIS漢字コード じすかんじこーど

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

JIS漢字コード

JIS(日本工業規格)で定められた漢字の規格。日常で使用頻度の高い漢字を集め、コンピューターで利用するためにコード化したもの。コード体系には「区点コード」などがある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ジス‐かんじコード【JIS漢字コード】

日本工業規格(JIS)で定めた情報交換用符号のうち、漢字に割り当てたコードの通称。→JIS漢字

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

JIS漢字コード【ジスかんじコード】

JISによって定められたコンピューター用の漢字,かな,英数,記号などのコード体系。1文字を2バイトのコードで表現する。よく使われる基本的な漢字のグループであるJIS第1水準漢字(3489字),やや使用頻度の低いJIS第2水準漢字(3388字),人名地名など固有名詞に用いられる漢字が中心の新漢字コード体系(JIS補助漢字(5801字))に分類される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

JIS漢字コードの関連キーワードJIS X0208JIS X0213JIS X0212旧JIS漢字コードJIS第3水準バイト(情報)文字コードユニコード第1水準旧JIS

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android