コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外字 がいじ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

外字

ユーザーまたはメーカーが独自に作成して登録した文字ユーザー定義文字とも呼ぶ。JISコード表に含まれていない、異字体や記号などを利用したい場合に作成する。Windows 98などでは、付属する外字エディターで外字を作成し、登録できる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

外字

OSやソフトで利用可能な文字コードに登録されていない特殊な文字を、文字コードの空き部分に特別に登録したもののことです。「外字エディタ」を使って作成・登録が可能です。特殊な人名や記号が表示可能になりますが、登録したパソコンでしか表示できないので、利用範囲が限られます。
⇨JISコード、文字コード

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について | 情報

デジタル大辞泉の解説

がい‐じ〔グワイ‐〕【外字】

外国の文字。
常用漢字表にない文字。表外字表外漢字。→表外音訓[補説]
external character》パソコンなどで、標準的に備えられている以外の文字。特にJISの漢字符号体系外の文字で、ユーザーが独自に作成・追加した文字を指す。同じ文字コードと字形データの組み合わせを登録したコンピューター同士であれば、どちらも同一の文字を表示できる。「外字登録」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

外字【がいじ】

外字という言葉はもともとは和文タイプライターで特殊な用語を収容するために枠をあけておいたところから発しているが,コンピューター用語では,標準で備えていない文字や記号をユーザーが作成して登録した文字のことをいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

IT用語がわかる辞典の解説

がいじ【外字】

コンピューターにあらかじめ登録されていない文字。特殊記号・絵文字・漢字の異体字など、文字コードに登録されていない文字を利用者またはメーカーが独自に字形を定義したもの。◇「ユーザー定義文字」ともいう。

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

がいじ【外字】

外国、特に欧米の文字。
活字組版で、使用頻度が低いため、常用漢字や人名用漢字とは別のケースに収められている活字。
ワード-プロセッサーで、標準的に用意されている文字以外の文字。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

外字の関連キーワードMacromedia FontographerForeign System FontsAdobe Type ComposerBiblos Fontワードプロセッサー和文タイプライター漢字コード変換印刷標準字体プロセッサー外字ファイル本山 彦一人名用漢字ユニコード二葉亭四迷国語問題海外新聞外字新聞文字集合98外字ビブロス

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外字の関連情報