K. ライス(英語表記)Karel Reisz

20世紀西洋人名事典の解説

K. ライス
Karel Reisz


1926 -
英国の映画監督。
オストラバ(チェコスロバキア)生まれ。
12歳の時に英国に渡る。映画批評を行った後、1956年にリンゼイ・アンダーソン等と共に、戦前のドキュメンタリー運動の系統を引く「フリー・シネマ」運動を起こした。劇映画の第1作となった「土曜の夜と日曜の朝」(’60年)は労働者階級の若者の反骨精神を写実的にとらえ、評価が高い。他の作品に「裸足のイサドラ」(’66年)、「フランス軍中尉の女」(’81年)。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android