M.E.C. ジョルダン(英語表記)Marie Ennemond Camille Jordan

20世紀西洋人名事典の解説

M.E.C. ジョルダン
Marie Ennemond Camille Jordan


1838.1.5 - 1922.1.20
フランスの数学者。
元・コレージュ・ド・フランス教授,元・パリ科学アカデミー会長。
リヨン生まれ。
エコール・ポリテクニクで鉱山学を専攻、卒業後技師として公職に就くが数学者としても認められ、母校で解析学を教え1876年教授となる。1833年からコレージュ・ド・フランスの教授を務め、1916年にはパリの科学アカデミー会長となる。ガロアの研究に影響を受けた群論の研究、位相幾何学、解析学に関する業績が著しく、著書に「置換論」(1870年)、「解析学教程」(1882年)、「解析学教程第3版」(1909年)等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android