MACHO(読み)マッチョ

翻訳|macho

デジタル大辞泉の解説

マッチョ【MACHO】[massive compact halo object]

massive compact halo object》光などの電磁波を放出または反射しているが、非常に暗くて小さいため、直接観測することが困難な天体の総称。銀河の回転運動の観測から、銀河のハローに存在すると考えられ、褐色矮星、惑星、中性子星白色矮星などが候補に挙げられている。一部のMACHOについては、重力レンズ効果を利用した観測から、その存在が確認され、太陽の質量の10分の1から同程度と見積もられている。宇宙の大半の質量を占めていると考えられる暗黒物質のうち、質量エネルギーに比べ運動エネルギーが小さい冷たい暗黒物質の一種とされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

MACHOの関連情報