R. マルジュリ(英語表記)Robert Margerit

20世紀西洋人名事典「R. マルジュリ」の解説

R. マルジュリ
Robert Margerit


1910 - 1988.6.28
小説家
公証人新聞記者を経て小説家となる。活動的な小説家で人生の完全な受容と人間の内的曖昧性の間におけるモラル探究やその冷厳な観照力により注目を浴びている。「神様」(1951年)でルノードー賞受賞、「大革命」3部作(63年)でアカデミー・フランセーズのグランプリ受賞。他の作品に「酷暑の夏に」(’50年)、「強い女」(’53年)、「黒森館」(’54年)、「ラ・マラケーズ」(’56年)等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android