コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

RSS アール エス エス

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

RSS

Webサイトの見出しやリンク、要約などを記述できるXMLベースの文書フォーマットの総称。ニュースサイトやブログでは、更新情報などをRSSで公開している。RSSを登録して閲覧できるのが、RSSリーダーというソフト。最近では、WebブラウザーやメールソフトがRSSリーダーの機能を持っていたり、RSSリーダーのWebアプリケーションも登場している。RSSに代わる「Atom」というフォーマットが提唱されているが、現状ではRSSと併用されていることが多い。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

知恵蔵の解説

RSS

フィードのデータを記述する規格のひとつ。RSSには複数のバージョンがあるが、バージョンによって「RDF Site Summary」(バージョン0.9、1.0)、「Rich Site Summary」(バージョン0.91)、「Really Simple Syndication」(バージョン2.0)と正式名称が異なる。なお、RDFとはXMLを利用して情報を記述する規格の一つ「Resource Description Framework」の略称である。
RSS1.0が策定された後、その内容に不満を持つグループから別の規格が提案され、それが現在のRSS2.0になった。そのため、RSS1.0と2.0は新旧の関係にはなく、互換性もない。独立した別々の規格と考えた方が良い。Atomも同様にRSSから別れて発展した規格である。現在、フィードとしてはAtomも含め3種類の規格が併用されており、複数の規格のフィードを配信しているWebサイトも多い。

(斎藤幾郎 ライター / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

RSS

WWWの技術を応用して、企業やニュースのウェブサイト、ブログなどの更新情報を、実際に個々のページを表示しなくてもまとめて伝わるようにする技術です。RSSのデータは、どのページがいつ更新されたかという情報や、そのページの要約等がXML形式で記述されており、実際のページを受信するより少ない通信量で更新チェックができます。受信や表示には、インターネット・エクスプローラーなどのRSS対応ウェブブラウザや、「RSSリーダー」と呼ばれる専用ソフト、ネットサービスなどを使います。
⇨WWW、XML、フィード、ブログ

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

デジタル大辞泉の解説

アール‐エス‐エス【RSS】[RDF Site Summary]

RDF Site SummaryRich Site SummaryReally Simple Syndicationウェブサイトの見出しや要約を記述したXMLベースのフォーマット。サイトの更新情報の公開に使われる。RSS1.0(RDF site summary)、RSS0.91(Rich Site Summary)、RSS2.0(Really Simple Syndication)など、複数のバージョンがある。→アール‐ディー‐エフ(RDF)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

アールエスエス【RSS】

ウェブサイトブログの更新情報の配信に使われるフォーマット。見出しや本文の要約、更新時刻などの情報が、XMLをベースとして記述される。◇「RDF(resource description framework) site summary」の頭文字から。ウェブサイトを巡回してRSS形式で公開される更新情報を収集し、それをまとめて一覧表示するためのソフトウェアを「RSSリーダー」という。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

RSS

〖RDF site summary〗 〔summary は概略・要約などの意〕
ウェブ-サイトの概略をメタデータとして記述する、XML に基づくデータ-フォーマットの一種。W3C の RDF 仕様に準拠し、主にサイトの更新通知やニュースのヘッドライン配信などに用いられる。ニュース-サイトやブログなどを中心に利用されている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

RSS
あーるえすえす

インターネットのサイトで更新された情報について、見出しや要約などをまとめて配信するためのフォーマット。サイトの最新情報を効率よく閲覧できるため、ブログの更新や最新ニュースの配信、企業の情報発信などに使われている。RSS形式のデータを提供すること、あるいは提供されたデータをRSSフィードという。また、RSSを取得して読むためには、RSSリーダーというアプリケーションを利用する。RSSと略称するものには、バージョンアップに伴って、名称の異なる複数のフォーマットが存在し、現在は大きく2系統に分かれている。一つは、XMLをベースとするRDF(Resource Description Framework)というデータに関する情報であるメタデータを利用するRSS 1.0で、正式にはRDF Site Summaryという。もう一つは、よりシンプルな構成のRSS 2.0で、Really Simple Syndicationの略語である。両者に互換性はない。日本では、ほとんどがRSS 1.0を利用している。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

RSSの関連キーワードエッジワース(Francis Ysidro Edgeworth)Internet Information ServicesWindows Live ToolbarVideo PodcastWindows Liveヒンドゥー・マハーサバーマイクロフォーマットRSSアグリゲーターインターネットラジオポッドキャスティングA.B. バジパイヒンドゥー至上主義ナレンドラ・モディプッシュ (通信)お気に入りセンターRSS リーダーRSS フィードフィードリーダーアグリゲーターポッドキャスト

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

RSSの関連情報