RV(読み)RV/あーるぶい(英語表記)recreational vehicle

  • reactor vessel
  • reentry vehicle
  • robot vision
  • アールブイ

知恵蔵の解説

自動車の用途として、レジャーユースに適した車種のクルマの総称。日本の自動車市場は、ユーザーニーズの多様化、レジャー志向、ライフステージの変化によって自動車の機能面での多様化、用途に応じた製品差別化が進み、ここ数年でRVと呼ばれる車種のモデル数が急速に増えた。2005年では登録車(国内自動車販売台数から軽自動車を除く)が197万台となり、58.6%がRVとなっている。自動車業界ではRVをさらに分けて、ステーションワゴンミニバン、セミキャブワゴン、オフロードという名前をつけて分類している。「快適」「機能」「ファッション」という3つの核ニーズを軸にRVの車種分類をみると、ステーションワゴンは3つの核ニーズをほどほどに満たす車。ミニバンは居住性「快適」を主としており、形状のユニークさから適度なファッション性もあり、ファミリーユース、レジャーユースに適応している。セミキャブワゴンは機能(積載性)を主としており、スペースの広さから快適性もある。オフロードは、走破性を目的とした車種。セミキャブワゴン、オフロードはファミリー、レジャー両ユースに適応すると同時に、商用ユースにも適している。一方、米国ではRVという車種分類は使われず、似たような車種タイプでは、SUV(sports utility vehicle、日本でのオフロードに近い)、ライトトラック(SUV、ミニバン、ピックアップトラックなど)という分類方法がある。米国では、ステーションワゴンはセダンの分類に入る。

(大鹿隆 東京大学ものづくり経営研究センター特任教授 / 藤本隆宏 東京大学大学院教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

百科事典マイペディアの解説

レジャー性をもたせた多目的用途の自動車。RVはrecreational vehicleの。オフロード走行に重点を置いた4WDが主流だが,いわゆるジープからワンボックスカー,乗用車タイプまでさまざまな形式がある。1980年代後半から,三菱自動車のパジェロとデリカ,トヨタ自動車のランドクルーザーなどが爆発的に売れ,大流行した。
→関連項目ジープ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (recreational vehicle の略) 家族・仲間などで行くレジャー旅行などに使う自動車。客室空間、荷物空間が広く取ってある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

RVの関連情報