SSDDS(読み)エスエスディーディーエス(英語表記)self-service discount department store

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

SSDDS
エスエスディーディーエス
self-service discount department store

廉売を商略の中心とする大規模なスーパーマーケット。セルフサービスと大規模経営により廉売が可能になるが,同時に食料品,衣料,雑貨,耐久消費財など取扱い品種の総合化をはかる店舗もあり,スーパーマーケット業態多様化が進展している。従来からの食品中心型の業態に加えて,身近な最寄品を取りそろえた業態,家電製品から貴金属まで取扱う業態と同じスーパー系列企業でも立地条件などに合せて多様な店舗構成を行なっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

流通用語辞典の解説

SSDDS【Self Service Discount Department Store】

セルフ・サービス・ディスカウント・ストア。セルフ・サービス方式を採用した安売り百貨店のこと。昭和30年代の後半にこの方式がわが国の小売業界に紹介され、大量販売を可能にする流通革命論を大きく前進させた。SSDDSは、業態をさしているのではなく、新しい販売システムを意味しているのであり、このシステムをベースに、スーパー・マーケット、ディスカウント・ストアなどが発展してきた。最近ではハイパー・マーケットという呼び方でこの主の業態がフランスや米国で誕生している。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

SSDDS

〖selfservice discount department store〗
セルフサービスディスカウントデパートメント。百貨店のように品揃え豊富な、セルフサービスの割引店。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android