コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

TLS てぃーえるえす

3件 の用語解説(TLSの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

TLS

SSLをもとに開発されたWebページセキュリティ機能を追加する技術で、IETFによって標準化されている。インターネット上に流れるデータ秘密鍵暗号方式公開鍵暗号方式デジタル証明書などの技術を用いて安全化し、データの盗聴や改ざん、なりすましを防ぐ。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ティー‐エル‐エス【TLS】[transport layer security]

transport layer security》インターネットで、暗号化したデータを送受信するためのプロトコル。米国の旧ネットスケープコミュニケーションズ(現AOL)社が開発したSSLを改良し、インターネット技術の標準化団体IETFにより標準化された。公開鍵暗号共通鍵暗号デジタル署名などのセキュリティー技術を組み合わせ、安全性を高めている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

ティーエルエス【TLS】

インターネット上で情報を暗号化して送受信するSSLに改良が加えられたプロトコル。データ送受信時のデータの盗聴や改竄(かいざん)、なりすましを防止する。◇「transport layer security」の頭文字。⇒SSL

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

TLSの関連キーワードアクセスカウンターWebサイトWebページSVG改ページCGIページビューリロード再開発ページ組

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

TLSの関連情報