コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

TOEFL トエフルTOEFL

翻訳|TOEFL

デジタル大辞泉の解説

トエフル【TOEFL】[Test of English as a Foreign Language]

Test of English as a Foreign Language》⇒トーフル

トーフル【TOEFL】[Test of English as a Foreign Language]

Test of English as a Foreign Language》米国やカナダへの留学を希望する外国人を対象とした、英語の学力テスト。主催はETS(米国の民間の教育研究機関)。トエフル。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

TOEFL

英語が母語でない人の英語能力を測るテスト。英語圏の大学で学ぶ水準の「読む」「聴く」「書く」「話す」の4技能を120点満点で測る。130カ国8500以上の大学や団体が入学判定などに利用している。日本国内での受験料は1回225ドル(約2万2千円)。

(2013-04-09 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

TOEFL【トーフル】

米国の大学などで学ぶ英語を母国語としない外国人の英語(北アメリカで使われる英語)能力を評価する試験。Test of English as a Foreign Languageの略。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

知恵蔵miniの解説

TOEFL

英語を母国語としない人のための英語能力測定テスト。「Test of English as a Foreign Language」の略。米国の非営利教育団体「Educational Testing Service(ETS)」により開発され、1964年に開始された。Readingセクション・Listeningセクション・Speakingセクション・Writingセクションの4分野で試験が行われ、それぞれ0~30点のスコア(試験結果)と0~120点の総合スコアが受験者に通知される。2015年現在、130以上の国における9000以上の大学・機関・その他団体がTOEFLの スコアを受け付けており、世界で最も広く受け入れられている英語能力試験となっている。16年1月には外務省が、16年度から入省する職員にTOEFL100点以上の獲得を目標に課すことを決めた。

(2015-1-7)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

TOEFLの関連キーワードTOEFL(Test of English as a Foreign Language)ファンデーション コース(Foundation Course)コミュニティカレッジ(Community College)Placement Testトーフル(TOEFL)ジーマット(GMAT)TOEFLとTOEICScholarshipTranscriptTOEFL(R)実用英語技能検定谷中麻里衣小林拓一郎森本晋太郎荒木麻里子アイエルツ斉藤典子iTEP田中稔彦英語教育

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

TOEFLの関連情報