コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

WRC WRC/だぶりゅあーるしー World Rally Championship

7件 の用語解説(WRCの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

WRC

世界ラリー選手権」のページをご覧ください。

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ダブリュー‐アール‐シー【WRC】[World Rally Championship]

World Rally Championship》世界ラリー選手権。公認を受けた車両により、世界各地で年間十数戦が戦われる。FIA(国際自動車連盟)主催。

ダブリュー‐アール‐シー【WRC】[World Radiocommunication Conference]

World Radiocommunication Conference》国際電気通信連合(ITU)主催の国際会議。1993年より3、4年ごとに開催。電波の各周波数帯の利用方法、衛星軌道の利用方法、無線局の運用規定などを定める。世界無線通信会議

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

WRC

〖World Radiocommunication Conference〗
世界無線通信会議。ITU-R(無線通信部門)の最高意思決定機関。無線通信規則の決定および諸問題の検討などを行う。1992 年、ITU の機構改革に伴い WARC に代わり設立。 → ITU-R

WRC

〖World Rally Championship〗
世界ラリー選手権。世界中のコースを使用して年 10 数戦行う自動車ラリー。1973 年開始。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵miniの解説

WRC

FIA(国際自動車連盟)が主催する世界ラリー選手権の略称。正式名称はFIA World Rally Championship。FIAが公認するF1(フォーミュラ・ワン世界選手権)、WTCC(世界ツーリングカー選手権)などと並ぶ自動車競技の世界選手権の一つ。1973年、最も優秀な成績を上げた自動車メーカーを表彰するマニュファクチャラー(製造者)選手権として発足し、79年にドライバー選手権が創設された。世界各国で開催される複数の国際ラリーから構成されており、一般道で競技が行われるのが特徴。ワールドラリーカーと呼ばれる市販車を改造した競技専用車両で各国のラリーを転戦しながら、区間タイムの速さや運転の正確性などによって得られる獲得ポイント総数で勝敗を競い合う。日本車では90年代にトヨタ自動車富士重工業(スバル)、三菱自動車が製造者部門のタイトルを獲得している。その後、日本車はすべて撤退したが、15年現在、トヨタ自動車が17年から復帰する方針を示している。

(2015-1-28)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

WRC
ダブリュアールシー

世界ラリー選手権」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

WRCの関連キーワード国際自動車連盟FIA世界ラリー選手権日本自動車連盟WDCFISAF1トルコGP決勝国際自動車公認クラブ協会F1グランプリレースインディーカーレース

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

WRCの関連情報