X線テレビ(読み)エックスせんテレビ(英語表記)X-ray Television

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

X線テレビ
エックスせんテレビ
X-ray Television

X線透過によって生じる像を,リアルタイムで可視像として映す装置。操作者がX線を直接に受けない場所で操作可能なように設計され,操作者の被曝線量を削減,同時に多数の人が見ることができるなどの利点がある。イメージインテンシファイアビジコンとの組み合わせから固体X線検出素子を用いたデジタルX線テレビになっている。工業用と医用とがあり,医用では内科・外科の診断用,治療位置の決定などに用いられる。感度の高いX線検出デバイスの発達でX線量が少なくてすむようになり,患者の被曝量も減らすことができるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

X線テレビ【エックスせんテレビ】

X線による映像をテレビで観察する装置。X線蛍光増倍管とビジコンを組み合わせたものなどが使われる。放射線障害を防止し,血管や消化管,関節などの動態を多数の人が同時に観察できる利点をもつ。
→関連項目X線工業用テレビジョン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

肺ペスト

ネズミなどのげっ歯類他が媒介するペスト菌が、肺に感染して起こる疾病。ペスト患者のうち「腺ペスト」が80~90%、「敗血症型ペスト」が約10%を占め、肺ペストは非常に稀にしか起こらない。ペスト患者の体内...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android