iPad mini3(読み)あいぱっどみにすりー

知恵蔵mini「iPad mini3」の解説

iPad mini3

アップル社のタブレット端末「iPad mini」の3代目モデル。米国時間2014年10月16日に発表された。同時に発表された「iPad Air2」のディスプレーサイズが9.7インチであるのに対し、iPad mini3は、7.9インチと小さいが、画素(ピクセル)数は、iPad Air2と同じであるため、小さくても画面の鮮やかさはiPad Air2に劣らない。
搭載される基本ソフト(OS)は、同年10月にリリースされた「iOS8.1」。
サイズは、幅134.7ミリ、高さ200ミリ、厚さ7.5ミリ。重さは、Wi-Fiモデルが331グラム、Wi-Fi+Cellularモデルが341グラム。
CPU(中央演算処理装置)は、64ビットアーキテクチャー「A7」チップを搭載し、顔検出、手ぶれ補正などに対応した「iSightカメラ」と呼ばれる内蔵カメラや、Wi-Fi (無線LAN 802.11 a/b/g/n)を備えるが、これらの基本機能は、いずれも前モデルのiPad mini2と同じである。iPad mini3から新たに搭載された機能は、指紋認証センサー「Touch ID」のみとなる。Touch IDでは、ホームボタンにタッチするだけでロック解除ができるため、パスワードを入力するよりもセキュリティーも向上する。このTouch IDは、iPhoneの5s以降やiPad Air2にも搭載されている。
Wi-Fiモデルと、4GやLTE周波数帯に対応した、Wi-Fi+Cellularモデルの2種類がある。また、内蔵メモリーの違いでは、16、64、128ギガバイトの3タイプあり、iPad mini2で存在した32ギガバイトがなくなった代わりに、128ギガバイトが用意された。色は、シルバー、ゴールド、スペースグレイの3色がある。

(横田一輝 ICTディレクター/2014)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android