タブレット端末(読み)タブレットタンマツ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

タブレット端末

タブレット(平板)型でキーボードは付いておらず、液晶の画面に指先をあてながら操作する「タッチパネル」が採用されている。ノートパソコンより小さく軽いため、片手で持ちながら利用できる。インターネット検索電子メール、動画、電子書籍、ゲーム、映画鑑賞など数多くの機能が盛り込まれている。

(2012-02-25 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

タブレットたんまつ【タブレット端末】

薄い板状の筐体(きょうたい)をもつ、軽量のパソコンの一種。筐体の片側全面が液晶画面になっており、キーボードはなく、タッチパネル式の入力インターフェースをもつ。バッテリーが内蔵されており、持ち運びに向く。無線通信機能を備え、無線LANWi-Fi)あるいは携帯電話回線によって、通信やインターネットの利用ができる。◇「タブレット型端末」ともいう。単に「タブレット」ともいう。アップルの「iPad」が代表的な製品。「タブレット(tablet)」は本来「平板」「書字板」「銘板」などの意。⇒タブレットPC

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タブレット端末の関連情報