コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

(中山間地域等直接支払制度)集落協定

1件 の用語解説((中山間地域等直接支払制度)集落協定の意味・用語解説を検索)

農林水産関係用語集の解説

(中山間地域等直接支払制度)集落協定

傾斜等により農業生産条件の不利な1ha以上の一団の農用地において農業生産活動等(耕作、農地管理等)を行う農業者等が締結するもので、将来にわたり当該農用地において農業生産活動等が維持されるよう、[1]構成員の役割分担、[2]生産性の向上や担い手の定着の目標等、集落として今後5年間に取り組むべき事項や目標を定めるもの。

出典|農林水産省
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

(中山間地域等直接支払制度)集落協定の関連キーワード農業災害補償制度農業生産組織市場価値消費者保護中山間地域等直接支払制度直接支払農業総産出額農業の交易条件農業生産関連事業契約生産

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone