コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

η中間子 エータちゅうかんしη-meson

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

η中間子
エータちゅうかんし
η-meson

中間子の一種。発見は 1961年。質量 547MeV/c2 ( c は光速度) ,スピン 0 ,パリティ 0,ストレンジネス 0の中性粒子で,平均寿命 5.6×10-19 秒。2個の光子,3個のπ中間子,または 2個のπ中間子と 1個の光子とに崩壊する。クォーク構造は uū,d,sの結合。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

エータ‐ちゅうかんし【η中間子/エータ中間子】

核力を仲介する素粒子。中間子の一。電荷は中性、スピンは零。崩壊して光子、またはπ中間子になる。日本の坂田昌一が提唱した素粒子の複合模型「坂田模型」においてその存在が予言され、1961年に発見された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

η中間子の関連キーワード多クォーク中間子・バリオニウムワインバーグ=サラムの理論イータプライム中間子Gパリティの保存ウプシロン中間子ゲル=マンの関係中性パイ中間子イータ中間子プサイ中間子ファイ中間子荷電K中間子オメガ中間子トッポニウム中間子原子Ds中間子メソトロンBs中間子二次宇宙線Bc中間子ロー中間子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android