平均寿命(読み)へいきんじゅみょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平均寿命
へいきんじゅみょう

0歳の平均余命,あるいは出生時における平均余命。第2次世界大戦後,日本では乳幼児,青年期,壮年期の死亡率の改善が著しく,平均寿命は大幅に延びた。 1935年には男 46.92年,女 49.63年であったが,71年以来,男女ともに 70年をこえ,97年には男 77.19年,女 83.82年で,男女とも世界最高水準の長寿を維持している。

平均寿命
へいきんじゅみょう

崩壊定数」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

平均寿命

長寿化」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

平均寿命

0歳の子どもが平均してあと何年生きられるかを示す「平均余命」のこと。その時点での各年代の死亡率で生きたと仮定して算出する。厚労省が5年に1度「都道府県別生命表」として公表している。これとは別に、介護などの必要がなく日常生活を支障なく過ごせる期間を示す「健康寿命」という指標もある。

(2018-04-12 朝日新聞 朝刊 長野東北信・1地方)

平均寿命

0歳の子どもが平均してあと何年生きられるかを示す「平均余命」のこと。その時点での各年代の死亡率で生きたと仮定して算出する。厚労省が5年に1度「都道府県別生命表」として公表している。これとは別に、介護などの必要がなく日常生活を支障なく過ごせる期間を示す「健康寿命」という指標もある。

(2018-04-12 朝日新聞 朝刊 長野東北信・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

平均寿命【へいきんじゅみょう】

(1)→平均余命(2)放射性元素または素粒子が崩壊して別種の元素または素粒子に変わるとき,個々の粒子が崩壊するまでの時間の総和を全粒子数で割ったもの。ある粒子N個がt秒後に崩壊せずにいる粒子の個数nは,n=Ne(-/)(t/)(//)(r/)(eは自然対数の底,τは平均寿命)で表される。その同位元素または素粒子に固有な定数で,初め存在した粒子数が1/eに減るまでの時間に相当し,崩壊定数の逆数,半減期の1/log(/e)2つまり1/0.693に等しい。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

平均寿命

 0歳児における平均余命.つまり,0歳からx歳までの各歳における生存平均人口(定常人口)を求め,それを積算して,0歳から∞歳までの定常総人口を求め,0歳の最初の人口数で除算して求める.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

へいきんじゅみょう【平均寿命】

零歳の者があと平均何年生きられるかを示した数。生命表から得られる。 → 平均余命
同一の素粒子・原子核・遊離基・イオンなどの集まりについての平均の寿命。指数関数的にその数が減少する不安定な素粒子や放射性核種などでは、普通、崩壊定数の逆数で表される。また、半減期によって表されることもある。 → 半減期

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

平均寿命
へいきんじゅみょう
life expectancy

ある年の男女別にみた年齢別死亡率が将来もそのまま続くと仮定して、各年齢に達した人たちが、その後平均して何年生きられるかを示したものを平均余命(よめい)mean expectation of lifeといい、出生時、つまり0歳時の平均余命をとくに平均寿命という。日本における平均寿命は、2005年(平成17)の第20回完全生命表によると、男78.56年(歳)、女85.52年(歳)で、2000年に比べ男1.24年、女0.08年の延びをみせ、史上最高となった。ちなみに、第二次世界大戦前に作成された最後の生命表である第6回生命表(1935~36年調査)によると、男46.92年、女49.63年であった。[金子幸治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平均寿命の関連情報