《学芸》(読み)がくげい

世界大百科事典内の《学芸》の言及

【唯物論研究】より

…非政治的活動のため弾圧は免れ,35年ころからは唯一の進歩的研究会として知識人,学生に大きな影響を与えた。雑誌の執筆者は,岡,戸坂のほか三枝博音,小倉金之助,古在由重,加藤正,永田広志,森宏一,船山信一らで,自然科学,社会科学,哲学,芸術論等について活発に論じた。後期には時事問題や当時の社会思潮の原理的な検討も行われた。…

※「《学芸》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android