コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あざのレーザー治療 あざのれーざーちりょう

1件 の用語解説(あざのレーザー治療の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

あざのれーざーちりょう【あざのレーザー治療】

レーザーとは
 レーザーは、種々の単一波長の光線を増幅して発振する装置のことです。その装置から発生するレーザー光は、波長が単一でその位相(いそう)(かたち)がそろっているため、ふつうの光のようにエネルギーが散乱せず、狭い面積にエネルギーを集中させることができます。これを医療に応用したのが医用レーザーで、皮膚疾患の治療で大いに活用されています。
 レーザー光は、その波長によって吸収される生体組織が異なります。その性質を利用して、生体のある部分だけを選択的に破壊したり(光熱融解作用(こうねつゆうかいさよう))、低エネルギーのレーザーを用いて刺激したり(光化学作用(こうかがくさよう))することができるのです。
 角膜放射状切開(かくまくほうしゃじょうせっかい)に用いられているエキシマレーザー紫外線ですが、その他のレーザーは可視光線を使用していますので、DNAに障害を与えることはなく、発がんなどの心配はまずありません。レーザーは輝度(きど)の高い光ですから、一般の人は、金属を溶接するときに出る光のようだとか、放射線ではないかと考えるようですが、それはまちがいです。
 最近、ハーバード大学のロックス・アンダーソン博士の研究の結果、ケロイドをおこさずにあざを治すメカニズムが解明され、20年前には考えられなかったことですが、現在では、あざはレーザーによって、ケロイドにならずにきれいに治るようになりました。
◎あざ治療レーザーの種類
 赤あざには、色素レーザーが用いられますが、残念ながら、まだ約40%しかきれいに治すことができません。
 青あざ(太田母斑(おおたぼはん)、異所性蒙古斑(いしょせいもうこはん)など)にはQスイッチルビーレーザー、QスイッチYAG(ヤグ)レーザー、Qスイッチアレキサンドライトレーザーが用いられます。太田母斑、異所性蒙古斑は、数回~十数回(あざの色が濃い場合は、回数がかかります)の治療で完全に治り、再発しません。
 褐色あざの扁平母斑(へんぺいぼはん)や老人性のしみも、青あざ用レーザーを用います。扁平母斑は、約60%の人が治りますが、再発しやすく、治療には根気がいります。老人性のしみなどは、1回の治療で完全に治ります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

あざのレーザー治療の関連キーワードイオンレーザールビーレーザーレーザー通信レーザーメスレーキドーザーArレーザー化学レーザーレーザーカッターレーザービームレーザー級

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone