コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

いりちー いりちー

1件 の用語解説(いりちーの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

いりちー
いりちー

材料を油で炒(いた)め煮にした沖縄料理。とくに暑い沖縄では、料理の日もちをよくするために、食品(材料)をよく油で炒める。代表的なものにくーぶ(昆布)いりちー、すんしー(しなちく)いりちー、かんぴょういりちー、うから(おから)いりちー、でーくに(ダイコン)いりちー、ちきな(タカナ)いりちー、そのほか数多く家庭料理としてつくられている。特別に材料は取り決められてはいないが、昆布が主体ならばくーぶいりちー、ダイコンが主体ならばでーくにいりちーという献立名になる。[渡口初美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のいりちーの言及

【琉球料理】より

…煮込料理では,ゆでた豚肉を5cm角ほどに切り,泡盛,砂糖,しょうゆで3~4時間弱火で煮込む〈らふてー〉,骨つき肉をダイコン,コンブと煮込む汁物〈そーき骨(ぼね)のお汁〉,豚足を同じくコンブ,野菜と煮込む〈足てびち汁〉などがあり,いずれも塩,しょうゆで調味し,仕上がりにおろしショウガをそえて供する。〈いりちー〉はいため煮をさし,ゆでた豚肉を短冊に切り,各種の野菜,または刻みコンブ,切干しダイコン,かんぴょうなどの乾物をとり合わせ,しょうゆとみりんで調味した惣菜で,主材料の名を冠して〈○○いりちー〉などと呼ぶ。例えば,コンブの場合は〈くーぶいりちー〉,ダイコンの場合は〈でいくにいりちー〉という。…

※「いりちー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

いりちーの関連情報