えずい

大辞林 第三版の解説

えずい

( 形 ) [文] ク えず・し
〔「悍おぞし」の転。中世・近世語〕
胸がむかつくような感じだ。不快だ。 「きたなさうに、-・い色が見えたぞ/史記抄 16
恐ろしい。こわい。 〔日葡〕
薄情だ。ひどい。 「わり様は前髪だてら-・い事ようするの/浄瑠璃・双蝶蝶」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

えず・い

[形]《中世・近世語》
不快である。いとわしい。
「きたなさうに、―・い色が見へたぞ」〈史記抄・佞幸列伝〉
怖い。恐ろしい。〈日葡
ひどい。乱暴である。
「お家主どのへことわって、―・い目にあはせてくれべい」〈滑・膝栗毛・発端〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

えず・い

〘形口〙 えず・し 〘形ク〙
① 胸がむかつくほどに不快である。いとわしく気持が悪い。
※史記抄(1477)一七「きたなさうに、えすい色が見へたぞ」
② 面倒である。
※月菴酔醒記(1573‐92頃)上「弓を外返す事中々えずき物なれ共、顕密の二法也」
③ 自分に害を加えそうなもの、強いものなどに対して恐ろしく感じる。こわい。
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)五「我が子で問ずことを知ほどな程にと云て、えずう思たぞ。あまりにをそろしいと云て、いやがるぞ」
④ 思いやりがなく扱いが乱暴である。薄情だ。ひどい。
※寛永十年刊本無門関鈔(17C前)下「飯裡に有沙、上えにやはらかなやうなが、底がえずいこと也」
⑤ 目にごみがはいったときのような感じである。
※書言字考節用集(1717)九「 エズシ〔字彙〕物入目中也」
[語誌](1)ズの歴史的仮名遣いは、ズ・ヅの別が保たれていた一五~一七世紀初頭の抄物やキリシタン資料の表記からズと考えられる。よって、ヱヅク(嘔吐する)と同源とする説には従いがたく、エの歴史的仮名遣いもエとするのが穏当。
(2)語義上、重なる点の多いオゾイ(シ)の古形オズシから変化したものか。オズシ・オゾイ(シ)がオズマシ・オゾマシなどの派生形をともなって平安仮名文学に現われる、優勢で規範的な語形だったのに対し、エズイは、抄物など口語性のあるものに現われることから見て、長らく俗語・口頭語として伝えられたものと思われる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android