コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

えびの地震 えびのじしん

2件 の用語解説(えびの地震の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

えびの地震
えびのじしん

1968年2月21日午前10時45分頃,宮崎県南西部,霧島山北西麓のえびの高原で発生した地震。震源は東経 130°43′,北緯 32°01′。震源の深さは 10kmより浅く,地震の規模はマグニチュードM)6.1。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えびの‐じしん〔‐ヂシン〕【えびの地震】

昭和43年(1968)2月21日、鹿児島県薩摩地方を震源としたマグニチュード6.1の地震。最大震度6。大きな余震が続き、山崩れが多発した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のえびの地震の言及

【火山性地震】より

…有感地震であっても震源が浅いので,ごく震央に近い部分のみが人体に感じられる程度である。1968年のえびの地震は霧島火山の北端部にある加久藤カルデラ内で群発した火山性地震で,震源が浅く,またマグニチュードの大きい地震もかなりあったため,人家に相当な被害が出たが,一般に火山性地震では被害は少ない。火山性地震の発生の原因は次のように考えられる。…

※「えびの地震」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

えびの地震の関連キーワード金星食五夜四時昭和南海地震の被害東北空襲名古屋刑務所の革手錠事件ボンバルディア胴体着陸事故ミス・ビードル号熊本大空襲政府の節電要請

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

えびの地震の関連情報