コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

えびの高原 えびのこうげん

7件 の用語解説(えびの高原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

えびの高原
えびのこうげん

宮崎県南西部,霧島山の北斜面にある高原。標高約 1200m。霧島錦江湾国立公園に属する。韓国岳(1700m),白鳥山(1363m),えびの岳(1293m),甑岳(こしきだけ。1301m)に囲まれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えびの‐こうげん〔‐カウゲン〕【えびの高原】

宮崎県南西部にある高原。標高約1200メートル韓国(からくに)岳・白鳥(しらとり)山・甑(こしき)岳に囲まれ、六観音池などの火口湖や温泉がある。中央にある硫黄山の噴気で、秋にススキがえび色に染まる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

えびの高原【えびのこうげん】

宮崎県西部,霧島山の韓国(からくに)岳北西麓に広がる標高1200mの高原。えびの市に属し,霧島錦江湾国立公園に含まれる。甑(こしき)岳,白鳥山がそびえ,御池,白紫池,不動池が点在,5月ごろツツジ天然記念物ノカイドウが咲く。
→関連項目えびの[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

えびのこうげん【えびの高原】

宮崎県南西部の霧島火山群の北部にある高原。韓国(からくに)岳,甑(こしき)岳,白鳥山,えびの岳の間に火山噴出物が堆積してできた盆地状の高原で,一辺約2.5kmのほぼ正三角形をなし,標高1200mを示す。かつては蝦野と書いた。高温の蒸気によるえびの高原温泉(ミョウバン・緑バン泉,96℃)があり,夏季は平均気温約20℃と涼しく霧島火山群への登山が容易であること,1961年小林市から同高原を経て霧島温泉に通じる有料道路が完成して宮崎市や鹿児島市との交通連絡が容易になったことなどによって,同高原はレクリエーション,保養の地として広く知られてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えびのこうげん【えびの高原】

宮崎県南西部、霧島火山群の北部にある海抜約1200メートルの高原。韓国岳からくにだけ・白鳥山などに囲まれる。白紫池・不動池などの火口湖があり、温泉が湧く。高原一帯には高山植物が多い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮崎県〕えびの高原(えびのこうげん)


宮崎県南西部、霧島(きりしま)火山群北西部の韓国(からくに)岳(標高1700m)・白鳥(しらとり)山・えびの岳の鞍部(あんぶ)をなす標高約1200mの高原。北側に不動池ほかの火口湖が点在する。韓国岳登山の基地で、えびの高原温泉がわき、ホテル・国民宿舎・キャンプ場がある。天然記念物ノカイドウ自生地のほか高山植物が豊富。紅葉・霧氷が見られる。霧島屋久(やく)国立公園の一部。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

えびの高原
えびのこうげん

宮崎県南西部、韓国(からくに)岳、白鳥山、えびの岳に囲まれた標高約1200メートルの盆地状高原。えびの市に属す。東に韓国岳の大火口や、硫黄(いおう)山の噴気をみることができ、北部には白紫(びゃくし)池、六観音池、不動池の火口湖が並んでいる。硫黄山付近は巨礫(きょれき)が散在し、噴火の際放出した火山弾の特徴をよく示す。植生はアカマツ林、混合樹林のほか、ノカイドウ(国指定天然記念物)、ミヤマキリシマの群落がある。高原のススキも噴気の影響で葡萄(えび)色に染まり、地名の由来を物語る。えびの高原温泉、えびの高原人工スケート場もある。霧島錦江湾(きりしまきんこうわん)国立公園の一中心で、北霧島有料道路、県道小林えびの高原牧園線が通じる。[横山淳一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

えびの高原の関連キーワード霧島火山帯小林盆地都城盆地えびの生駒高原宮崎県西諸県郡高原町宮崎県西諸県郡霧島〈町〉牧園〈町〉湯之野[温泉]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

えびの高原の関連情報