コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おぼろけ オボロケ

デジタル大辞泉の解説

おぼろ‐け

[形動ナリ]
(多く、あとに否定表現を伴って用いる)程度が普通であるさま。通り一遍であるさま。
「歌詠むと知りたる人の―ならざらむは」〈能因本枕・九四〉
(あとに否定表現を伴わないで、または、二重否定の表現を伴って用いる)程度が普通でないさま。並々でないさま。
「―に忍ぶるにあまるほどを、慰むるぞや」〈胡蝶
[補説]「おおろか(おほろか)」の音変化という。後世「おぼろ(朧)」と混同して「おぼろげ」の形を生じた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

おぼろけの関連キーワード見え難い二重否定久しい番う朧げ補説

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android