(読み)オボロ

デジタル大辞泉の解説

おぼ‐ろ【×朧】

[名]
タイ・ヒラメ・エビなどの肉をすりつぶして味を付け、いり煮にした食品。そぼろ
朧昆布」「朧豆腐」「朧饅頭(まんじゅう)」などの略。
[形動][文][ナリ]
ぼんやりとかすんでいるさま。はっきりしないさま。「な月影」「に見える」 春》「辛崎(からさき)の松は花より―にて/芭蕉
不確かなさま。「記憶

ろう【朧】[漢字項目]

[音]ロウ(漢) [訓]おぼろ
月の光がぼんやりとかすんでいるさま。おぼろ。「朧月朧朧朦朧(もうろう)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おぼろ【朧】

( 名 )
タイ・タラ・ヒラメなどの白身の魚をゆで、身をほぐして味をつけ、いり煮にした食品。そぼろ。
「朧豆腐」「朧昆布」などの略。
( 形動 ) [文] ナリ 
ぼうっと薄くかすんでいるさま。春の夜についていうことが多い。 「 -にかすむ春の宵」 [季] 春。 《 辛崎の松は花より-にて /芭蕉 》
ぼんやりとしたさま。 「 -な記憶」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おぼ‐ろ【朧】

〘名〙
① (形動) ぼうっとして、はっきりしないさま。
(イ) や雲などによって月や山などの景色がぼんやりかすむさま。薄く曇っているさま。→朧気(おぼろげ)。《季・春》
伊勢物語(10C前)六九「外(と)のかたを見出だして臥せるに、月のおぼろなるに、ちひさき童(わらは)をさきに立て人立てり」
(ロ) 知覚や記憶が不確かであるさま。
無名抄(1211頃)「九十ばかりに成りては、耳などもおぼろなりけるにや」
② タイやヒラメなどの白身魚やエビをゆで、身だけすりつぶして味をつけ、いり煮にしたもの。そぼろ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【霧】より

…霞は気象観測上の用語ではなく,煙や雲がたなびいたり,霧やもやなどのため遠景がぼやけて見えることを一般に霞と呼んでいる。なお,歳時記では霧は秋の季語とされており,春の霧を霞と呼び,夜の霞は朧(おぼろ)と呼んでいる。
[霧粒]
 霧粒は直径数μm~数十μmの大きさで,1cm3の空気中に数個~数百個含まれている。…

※「朧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

朧の関連情報