コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 オボロ

3件 の用語解説(朧の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おぼ‐ろ【×朧】

[名]
タイ・ヒラメ・エビなどの肉をすりつぶして味を付け、いり煮にした食品。そぼろ
朧昆布」「朧豆腐」「朧饅頭(まんじゅう)」などの略。
[形動][文][ナリ]
ぼんやりとかすんでいるさま。はっきりしないさま。「な月影」「に見える」 春》「辛崎(からさき)の松は花より―にて/芭蕉
不確かなさま。「な記憶」

ろう【朧】[漢字項目]

[音]ロウ(漢) [訓]おぼろ
月の光がぼんやりとかすんでいるさま。おぼろ。「朧月朧朧朦朧(もうろう)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おぼろ【朧】

( 名 )
タイ・タラ・ヒラメなどの白身の魚をゆで、身をほぐして味をつけ、いり煮にした食品。そぼろ。
「朧豆腐」「朧昆布」などの略。
( 形動 ) [文] ナリ 
ぼうっと薄くかすんでいるさま。春の夜についていうことが多い。 「 -にかすむ春の宵」 [季] 春。 《 辛崎の松は花より-にて /芭蕉 》
ぼんやりとしたさま。 「 -な記憶」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【霧】より

…霞は気象観測上の用語ではなく,煙や雲がたなびいたり,霧やもやなどのため遠景がぼやけて見えることを一般に霞と呼んでいる。なお,歳時記では霧は秋の季語とされており,春の霧を霞と呼び,夜の霞は朧(おぼろ)と呼んでいる。
[霧粒]
 霧粒は直径数μm~数十μmの大きさで,1cm3の空気中に数個~数百個含まれている。…

※「朧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

朧の関連キーワードヒラメ沼海老平ったい平目粉赤蝦卯の花鮃塩蒸平めひらめ筋下ろす/卸す

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

朧の関連情報