朧げ(読み)オボロゲ

デジタル大辞泉「朧げ」の解説

おぼろ‐げ【×朧げ】

[形動][文][ナリ]《「げ」は接尾語》はっきりしないさま。不確かなさま。「朧げな記憶」
[補説]「おぼろけ」が、月などについて「おぼろ(朧)」と掛け詞に用いられ、両者混同して生じた語。
[類語]不確かうやむやあやふや漠然曖昧ぬらりくらりぬらくらのらりくらりのらくらぼやかす無節操洞ヶ峠言を左右にする言葉を濁す煮え切らないどっちつかず要領を得ないぼんやりほのかかすかほんのりうっすらうすうす淡い不明不明瞭灰色ぼうっとぼうぼやっとぼけっとぽっとぼさぼさきょとんぽかんぽかりもやもやおぼろ不鮮明朦朧もうろう模糊もこ茫漠ぼうばく茫茫ぼうぼうばく不詳未詳未知未確認迷宮入りよう杳杳ようようようとして暗い薄暗いほの暗い小暗い暗い小暗がり手暗がり真っ暗暗然冥冥霞む

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android