コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お栄 おえい

2件 の用語解説(お栄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

お栄 おえい

1860-1927 明治時代の女将(おかみ)。
万延元年生まれ。長崎稲佐のロシア将校集会所で会話を修得し,9年間ロシアに滞在。帰国後明治24年ニコライ皇太子を接待。のち料亭旅館を経営し,日露戦争で捕虜になったステッセル将軍らの世話をした。昭和2年5月死去。68歳。本名は道永えい。通称は稲佐お栄,ラシャメンお栄。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

20世紀日本人名事典の解説

お栄
オエイ

明治期の女将



生年
万延1年(1860年)

没年
昭和2(1927)年5月

本名
道永 えい

経歴
長崎のロシア将校集会所でロシア語を学び、9年間ロシアに滞在。帰国後の明治24年ニコライ皇太子を接待。のち料亭旅館を経営し、日露戦争で捕虜になったステッセル将軍らの世話にあたった。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
20世紀日本人名事典について | 情報

お栄の関連キーワード日活(株)万延ケスラードロッパーズビゴー横井時敬マイブリッジ有村次左衛門小野善右衛門佐久良東雄

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

お栄の関連情報