コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お栄(読み)おえい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

お栄 おえい

1860-1927 明治時代の女将(おかみ)。
万延元年生まれ。長崎稲佐のロシア将校集会所で会話を修得し,9年間ロシアに滞在。帰国後明治24年ニコライ皇太子を接待。のち料亭旅館を経営し,日露戦争捕虜になったステッセル将軍らの世話をした。昭和2年5月死去。68歳。本名は道永えい。通称は稲佐お栄,ラシャメンお栄。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

20世紀日本人名事典の解説

お栄
オエイ

明治期の女将



生年
万延1年(1860年)

没年
昭和2(1927)年5月

本名
道永 えい

経歴
長崎のロシア将校集会所でロシア語を学び、9年間ロシアに滞在。帰国後の明治24年ニコライ皇太子を接待。のち料亭旅館を経営し、日露戦争で捕虜になったステッセル将軍らの世話にあたった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

お栄の関連情報