コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

お祭 おまつり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

お祭
おまつり

歌舞伎舞踊曲。清元。本名題『再茲歌舞妓花轢 (またここにかぶきのはなだし) 』。三変化の一つ (下の巻) 。別称申酉 (さるとり) 』。文政9 (1826) 年江戸市村座で3世坂東三津五郎初演。作詞2世桜田治助,作曲1世清元斎兵衛,振付松本五郎市。江戸,赤坂日枝山王権現の祭礼で,山車の先導を無事つとめ終えた鳶頭 (とびがしら) を描く風俗舞踊。祭りのあとの粋な様子に,若い者や芸者をからませている。全曲本調子で,クドキ,引くもの尽しと聞きどころも多い。近年では,17世中村勘三郎の得意の演目であった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おまつり【お祭】

歌舞伎舞踊。清元。上・中・下三段返し《再爰歌舞妓花轢(またここにかぶきのはなだし)》の下の曲。3世坂東三津五郎により1826年(文政9)6月江戸市村座初演。作詞2世桜田治助。作曲初世清元斎兵衛。振付松本五郎市。〈申酉(さるとり)の〉と始まる歌詞から俗に《申酉》と呼ぶ。いなせな鳶頭(とびがしら)がほろ酔いきげんで新内がかりのくどき,字余り都々逸,狐拳,引く物づくしなどを軽く粋(いき)に踊る。今日では,芸者をからませる形が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

お祭の関連キーワード片岡 愛之助(5代目)1970年の大阪万博鈴木信太郎(3)江戸育お祭佐七ミニチュア土器江戸育御祭佐七カニグズバーグ分銅形土製品尾上 菊太郎岩佐 氏寿愛想づかし歌舞伎舞踊坪井 善勝カーニバル人面墨書石井上山遺跡心謎解色糸小糸・佐七丹下健三牧野省三

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

お祭の関連情報