きしめん(棊子麵)(読み)きしめん

世界大百科事典 第2版の解説

きしめん【きしめん(棊子麵)】

うどんの一種。碁子麵とも書く。昔は小麦粉を練って薄くのし,細い竹筒の先で碁石の形に抜き取り,これをゆでて,きな粉を掛けるか,汁で煮て食べた。中国華北の農書《斉民要術》(6世紀前半)にある〈棊子麵〉の形は,〈方棊〉(碁盤の目)に切るとあるが,12世紀初葉には〈玉棊子〉の語が見えるように,方形から円形に変わり,その手法が日本に伝えられた。《庭訓往来》などに見られるのがそれで,信濃の開田村や薩摩では,そば粉でこの形の棊子麵を作ったという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のきしめん(棊子麵)の言及

【ヌードル】より

…西洋料理のめん類の一種で,細長いリボン状のもの。日本の〈きしめん〉に似ている。小麦粉に塩,水,鶏卵を加えて練り,めん棒で薄くのばしてから1cm幅ほどに切る。…

※「きしめん(棊子麵)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android