コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

くわや クワヤ

デジタル大辞泉の解説

くわ‐や〔くは‐〕

[感]《感動詞「くは」+感動の終助詞「や」から》
驚いたときなどに発する語。あらまあ。
「明星は―ここなりや」〈神楽・明星〉
相手に呼び掛けたり、注意したりするときなどに発する語。さあ。これ。そら。それじゃあ。
「―。きのふの返り事」〈・末摘花〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くわや

( 感 )
驚いた時、感情の高まった時などに発する語。あら。おや。 「明星あかぼしは明星みようじようは-ここなりや/神楽歌」
相手に注意を促したり、呼びかけたりする時に発する語。さあ。これこれ。 「 -、昨日の返り事/源氏 末摘花

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

くわやの関連キーワード京都府亀岡市上矢田町桑山貞晴(2)平塚川添遺跡中石器時代静岡(県)和歌山城新温泉町桑山重長未開通貨桑山可斎射込み御所藩終助詞感動詞石州流池大雅社日掘棒豊中桑山

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

くわやの関連情報