コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ぐりとぐら

デジタル大辞泉プラスの解説

ぐりとぐら

中川李枝子、大村(山脇)百合子による絵本作品。1963年に雑誌掲載された読み切り作品『たまご』を基にしたもので、1967年刊行。のねずみの兄弟ぐりとぐらが、大きなカステラを作るエピソードで知られる。人気を博し、多数の続編が制作される。第一作となる本作は累計400万部以上を販売したロングセラー作品で、英語、中国語などの翻訳版もある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

ぐりとぐら

中川李枝子の文、大村百合子の絵による絵本作品、また同作を第1作とする絵本シリーズ。野ねずみの「ぐり」と「ぐら」を主人公とする幼児向けの作品で、「たまご」の題で雑誌「母の友」の昭和38年(1963)6月号に掲載されたのち、加筆・訂正・改称を経て、同年12月、「こどものとも」誌に掲載。「ぐりとぐらのおきゃくさま」「ぐりとぐらとすみれちゃん」など、シリーズ作品多数。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ぐりとぐらの関連キーワードぐりとぐらのかいすいよくぐりとぐらのおおそうじぐりとぐらとくるりくらぐりとぐらのえんそく山脇百合子動物文学すみれ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぐりとぐらの関連情報