コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ごさんなれ ゴサンナレ

デジタル大辞泉の解説

ごさん‐なれ

[連語]《断定の助動詞「なり」の連用形「に」に、係助詞「こそ」、動詞「あり」の連体形、推定の助動詞「なり」の已然形「なれ」の付いた「にこそあるなれ」の音変化。近世中期以降「ござんなれ」とも》
…であるらしいな。…であるようだな。
「入道が仰せをば軽うしける―」〈平家・二〉
(上に「こそ」を用いて)…なのだな。…だな。
「彼奴(きゃつ)こそかの丑(うし)の時詣(まゐ)り―」〈浄・蝉丸
…があるな。…あるわい。
「究竟(くっきゃう)の物見櫓―と、かけ上る門の松」〈浄・盛衰記
手ぐすねひいて待つようすにいう。よし来た。さあ来い。
「すは祐康よ、―」〈伎・小袖曽我
[補説]234は近世中期以降、誤って「御座る」「御参」の変化形と受け取られたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごさんなれ

( 連語 )
〔「にこそあるなれ」の転。「なれ」は推定の助動詞「なり」の已然形。近世中期以降「御座るなれ」の意と解して「ござんなれ」ともいうようになる〕
…であるようだな。…であるらしいな。 「今年は六つになると思ひつる幼き者も、はや先立ちける-/平家 3
…なのだな。…だな。 「これは仲人なこうどいらずの新枕-/浄瑠璃・用明天皇」
…があるな。…があるわい。 「四郎兵衛忠信よき計略-/浄瑠璃・千本桜」
すっかり心得て待ちかまえているさまにいう。さあ来い。やって来たな。 「真柴の軍勢-と鬨をつくつて味方の軍兵縦横無尽になぎ立つれば/浄瑠璃・太功記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ごさんなれの関連キーワードごさんめれごさなれ連体形浄瑠璃物見櫓連用形助動詞已然形係助詞究竟仰せ彼奴入道連語補説安平

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android