物見櫓(読み)ものみやぐら

精選版 日本国語大辞典「物見櫓」の解説

ものみ‐やぐら【物見櫓】

〘名〙 警戒または偵察のために設けられた遠見櫓
※浄瑠璃・平仮名盛衰記(1739)三「究竟物見(ものみヤグラ)ござんなれとかけ上る門の松」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android