物見櫓(読み)モノミヤグラ

  • 物見×櫓

大辞林 第三版の解説

敵の様子をさぐるため、あるいは遠方を見渡すために設けたやぐら。ものみ。望楼。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 警戒または偵察のために設けられた櫓。遠見櫓。
※浄瑠璃・平仮名盛衰記(1739)三「究竟の物見櫓(ものみヤグラ)ござんなれとかけ上る門の松」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android