コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ごつ ゴツ

デジタル大辞泉の解説

ご・つ

[動タ下二]《「こと(言・事)す」の音変化とも、「こと(言・事)」を活用させたものともいう》ものを言う。
「帝(みかど)の御口づから―・て給へるなり」〈・東屋〉
[接尾]《動詞四段型活用》名詞や動詞の連用形に付く。
物事を行う意を表す。「まつり―・つ」「はかり―・つ」
物を言う意を表す。「ひとり―・つ」「聞こえ―・つ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ごつの関連キーワード梅若六郎(1)尊伝入道親王道永入道親王覚胤入道親王ふごっぺ洞窟勧修寺房子花山院兼子後柏原天皇大慈光院宮慈運法親王道応法親王甘露寺元長覚円法親王道興(2)仁悟法親王幸阿弥道清ぎこつない法蓮院宮嘉楽門院応善女王

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ごつの関連情報