ざあっと

デジタル大辞泉の解説

[副]
雨がいきなり強く降り出したり、水などが激しく流れ落ちたりするさま。「夕立がざあっとやってきた」「水をざあっとかぶる」「豆がざあっとこぼれる」
物事をおおまかにひととおり行うさま。ざっと。「とりあえずざあっと御説明します」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘副〙
① 雨が激しく降りそそぐ音、また、水などが勢いよく流れたり、物に当たったりする音、風が激しく木の葉を揺する音などを表わす語。
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一八「雨の音がざあっとする」
② 大ざっぱにひととおり行なうさまを表わす語。ざっと。
※満韓ところどころ(1909)〈夏目漱石〉一一「どんな風に働いてゐられるか、ざあっと其状況を目撃さして頂けば沢山ですから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ざあっとの関連情報