ばらばら(読み)バラバラ

デジタル大辞泉の解説

[副]
大勢の人がまとまりなく動くさま。「事故現場に近所からばらばら(と)人が集まる」
粒状のものが散らばりながら落ちる音や、そのさまを表す語。「大粒の雨がばらばら(と)屋根を打つ」
[形動]一つにまとまらないで、分散しているさま。また、それぞれに違っているさま。「機械をばらばらにしてしまう」「ばらばらな意見」
[アクセント]ラバラ、はバラバラ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

[1]
(「と」を伴っても用いる)
比較的大きな粒状の物が続けざまに落ちるさま。また、その時に出る音を表す語。 夕立が-(と)降り出す 米粒が-(と)こぼれる 敵弾が-(と)飛んで来る
人などがいっせいに、あるいは、次々とまとまりなく動くさま。 数人の男が-(と)飛び出して来た
[0] 形動
まとまりがなく別々になっているさま。 兄弟が-に生活する みんなの気持ちが-だ てんでん-

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 多数が、勢いよくいっせいに、あるいは次々に立ったり動いたりするさまを表わす語。
※日葡辞書(1603‐04)「ヒトガ barabarato(バラバラト) タツ」
② 粒状のものが、散らばりながら勢いよく落ちる音、また、そのさまを表わす語。
※玉塵抄(1563)五「手でかっこを打た声は、ばらばらと夕立だち、にわか雨のふるをとのやうなと云たぞ」
③ 一つのまとまりをもった物が、細かく分離切断されるさま、また、細かくなって落ちるさまを表わす語。
※洒落本・女鬼産(1779)「大太刀をすらりとぬけば、鬼どもが首は一度にばらばらばら」
④ 一つにかたまらないで分散するさまを表わす語。
※浄瑠璃・曾我虎が磨(1711頃)上「連れ立ば目に立と、三人ばらばらばら緒の雪駄(せきだ)
⑤ =ぱらぱら(一)④
※春の晩(1915)〈田村俊子〉六「ばらばらと本の頁を繰った」
[2] 〘形動〙
① まとまっていたものが分散するさま。また、細かく分断されるさま。
※仮名草子・智恵鑑(1660)八「とり物乱妨なとさせ、人数ばらばらになりて」
② それぞれ思い思いに違っていてまとまりのないさま。それぞれが互いに関連なく、独立しているさま。
※蠢く者(1924)〈葛西善蔵〉「何か知らそぐはないばらばらな感じ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ばらばらの関連情報