しとしと(読み)シトシト

デジタル大辞泉の解説

しと‐しと

[副]
雨が静かに降るさま。「春雨がしとしと(と)降る」
物事をもの静かにするさま。しとやかなさま。しずしず。
「娘の母親が、―とあがって来た」〈里見弴多情仏心
[形動]湿っているさま。また、濡れているさま。
「露に―に濡れて」〈左千夫野菊の墓

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しとしと

( 副 ) スル
雨が静かに降るさま。 「 -(と)降る春の雨」
湿っているさま。 「露に-に濡れて/野菊之墓 左千夫」 「紫がかつた紅の花が、霧の玉を宿して脚絆に-する/日本北アルプス縦断記 烏水
ゆっくり静かに物事をするさま。しずしず。 「発句より、たけ高くきずもなき連歌のまことしきを、-とし侍る事なり/筑波問答」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しと‐しと

[1] 〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 静かにゆっくりと物事を行なうさま、また、静かに歩くさまを表わす語。しずしず。
※筑波問答(1357‐72頃)「千句などに成りぬれば、発句より、長高くきずもなき連歌のまことしきを、しとしととし侍る事なり」
などがしめやかに降るさまを表わす語。
※玉塵抄(1563)一「にわかにふる雨はきぶうふるぞ、しとしととはないぞ」
③ ひどく湿っているさま、また、れているさまを表わす語。じとじと。
※改正増補和英語林集成(1886)「キモノガ shitoshito(シトシト) ヌレタ」
④ ゆっくりと強く打つさまを表わす語。
※栄花(1028‐92頃)ゆふしで「扇してしとしとと打ち奉らせ給ふを」
[2] 〘形動〙 ひどく濡れているさま。
※野菊の墓(1906)〈伊藤左千夫〉「露にしとしとに濡れて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

しとしとの関連情報