(読み)ザ

デジタル大辞泉の解説

ざ[五十音]

」の濁音歯茎の有声破擦子音[dz]と母音[a]とからなる音節。[dza]
[補説]清音「さ」に対する濁音としては、本来、歯茎の有声摩擦子音[z]と母音[a]とからなる音節[za]が相当するが、現代共通語では一般に[dza]と発音する。しかし、[za]とも発音し、両者は音韻としては区別されない。古くは[ʒa](あるいは[dʒa][dza])であったかともいわれる。室町時代末には[za]と発音され、近世江戸語以降[dza]と発音された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

「さ」の濁音の仮名。歯茎破擦音(または歯茎摩擦音)の有声子音と後舌の広母音とから成る音節。

〔打ち消しの助動詞「ず」に係助詞「は」の付いた「ずは」の転〕
打ち消しの仮定を表す。…なければ。ざあ。 「行か-なるまい」 「さびたらばとが-なるまいが/狂言・連歌毘沙門」 「見めもよいが、かたちもよいが、人だに振ら-、なほよかるらう/閑吟集」 〔現代語では「…ざ…まい」などの言い方に限られる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

(打消の助動詞「ず」に助詞「は」の付いた「ずは」の変化したもの) 打消の仮定を表わす。…なければ。ざあ。
※歌謡・閑吟集(1518)「見めもよひが、かたちもよいが、人だにふらざ、なほよかるらう」
※浄瑠璃・傾城阿波の鳴門(1768)八「起きざ起しに行ぞよ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ざの関連情報