しつり

精選版 日本国語大辞典の解説

しつ‐り【蒺

〘名〙
① 植物「はまびし(浜菱)」の漢名。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
② ①の葉の形を鉄や石で作り、地面に敷いて敵の侵入を防ぐ道具。
※宝覚真空禅師録(1346)乾・豊州蒋山興聖万寿禅寺語録「荊棘林中布、黄金鋳就鉄門限」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android