コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しろなまず

百科事典マイペディアの解説

しろなまず

尋常性白斑のこと。白癜風(はくでんぷう)ともいう。後天的に全身の随所にできる白斑で,大きさ,形はさまざま。境界は明瞭で,これに隣接する皮膚面では,逆に色素沈着が増す。
→関連項目白髪白斑(医学)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しろなまず

医学的には尋常性白斑vitiligo vulgarisという。後天性の完全色素脱出斑で,全身どこにでも生ずる。形は円形,楕円形,不規則形などさまざまで,境界は鮮明である。毛の生えている部位では,毛も色素を失って白毛となることがある。自覚症状はない。病理学的には,表皮基底層に色素細胞は存在するが,メラニン顆粒を欠く。病因として自律神経の異常,自己免疫なども考えられているが,原因は不明である。病勢がつよいときには,白斑は拡大して数を増すが,自然に治癒することもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

しろなまずの関連キーワード老化にともなう皮膚の病気と症状おもな皮膚病変の俗名と学名白斑(医学)白肌・白膚白癩白肌

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

しろなまずの関連情報