コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しろなまず

2件 の用語解説(しろなまずの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

しろなまず

尋常性白斑のこと。白癜風(はくでんぷう)ともいう。後天的に全身の随所にできる白斑で,大きさ,形はさまざま。境界は明瞭で,これに隣接する皮膚面では,逆に色素沈着が増す。
→関連項目白髪白斑(医学)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しろなまず

医学的には尋常性白斑vitiligo vulgarisという。後天性の完全色素脱出斑で,全身どこにでも生ずる。形は円形,楕円形,不規則形などさまざまで,境界は鮮明である。毛の生えている部位では,毛も色素を失って白毛となることがある。自覚症状はない。病理学的には,表皮基底層に色素細胞は存在するが,メラニン顆粒を欠く。病因として自律神経の異常,自己免疫なども考えられているが,原因は不明である。病勢がつよいときには,白斑は拡大して数を増すが,自然に治癒することもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

しろなまずの関連キーワードにきび白斑異常性格異常性欲白癜白斑病尋常性ざそう白斑症サットン白斑兼光(1)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone