コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

じゃまで ジャマデ

デジタル大辞泉の解説

じゃ‐まで〔ぢや‐〕

[連語]《断定の助動詞「じゃ」+終助詞「まで」》文末に用いて、自分の言葉を強調したり、相手に確認を求めたりする意を表す。…だな。…だね。…だよ。
「身どもがやうな、物覚えのある者は、𠮟者(しかりもの)―」〈虎明狂・鬮罪人

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゃまで

( 連語 )
〔助動詞「じゃ」に助詞「まで」の付いたもの〕
念を押しての断定の意を表す。…のだね。 「そんなら、もう一文も無い-/歌舞伎・桑名屋徳蔵」
詠嘆の意を表す。…だなあ。 「伝七と旁々かたがた約束をしたが、何として遅い事-/歌舞伎・好色伝授」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

じゃまでの関連キーワード鬱陶しい・欝陶しい人工肛門の知識写真レンズ桑名屋徳蔵終助詞歌舞伎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android