すくも(読み)スクモ

大辞林 第三版の解説

すくも

あし・茅かやなどの枯れたもの。また、藻屑もくずのことともいう。 「難波女の-焚く火の下こがれ/千載 恋一
泥炭。 〔ヘボン〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

すくも【

〘名〙 もみがら。もみぬか。すくぼ。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
※人情本・人情廓の鶯(1830‐44)後「金銀は糠骨風(スクモ)かなんぞのやうに遣ひ捨てた心ざし」

すくも

〘名〙
① 葦(あし)、茅(かや)などの枯れたもの。一説に藻屑(もくず)、また、葦の根とも。
※後撰(951‐953頃)恋三・七六九「つのくにのなにはたたまくおしみこそすくもたく火の下にこがるれ〈紀伊内親王〉」
② 泥炭(でいたん)をいう語。〔多識編(1631)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のすくもの言及

【石炭】より

…現在,世界で最大の石炭産出国であり,消費国である。
[日本]
 日本では,石炭は〈もえいし〉〈たきいし〉〈いしずみ〉〈すくも〉〈からすいし〉〈烏金石〉などと称された。〈石炭〉という名称は木内石亭の《雲根志》(1773‐1801)にすでに見える。…

※「すくも」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

すくもの関連情報