すり鉢(擂鉢)(読み)すりばち

世界大百科事典 第2版の解説

すりばち【すり鉢(擂鉢)】

すりこ木との組合せで,食品の磨砕などに用いる調理具。口の大きな漏斗状陶器で,内壁にこまかい縦の刻み目(おろし目)を一面に施し,中に食品を入れ,すりこ木を回転させて刻み目の上ですりつぶす。すりこ鉢,カガツともいい〈擂盆(らいばん)〉などとも呼ぶ。すりこ木はすり木とも呼び,〈磨粉木〉〈摺粉木〉〈擂槌〉などとも書く。〈擂槌〉の語は中国宋代に見られ,日本では《山槐記》治承3年(1179)1月6日条に〈摩粉木〉と見えるが,すり鉢,すりこ木の名が頻繁に見られるようになるのは室町後期のことになる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android