コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

すり鉢(擂鉢) すりばち

1件 の用語解説(すり鉢(擂鉢)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

すりばち【すり鉢(擂鉢)】

すりこ木との組合せで,食品の磨砕などに用いる調理具。口の大きな漏斗状の陶器で,内壁にこまかい縦の刻み目(おろし目)を一面に施し,中に食品を入れ,すりこ木を回転させて刻み目の上ですりつぶす。すりこ鉢カガツともいい〈擂盆(らいばん)〉などとも呼ぶ。すりこ木はすり木とも呼び,〈磨粉木〉〈摺粉木〉〈擂槌〉などとも書く。〈擂槌〉の語は中国宋代に見られ,日本では《山槐記》治承3年(1179)1月6日条に〈摩粉木〉と見えるが,すり鉢,すりこ木の名が頻繁に見られるようになるのは室町後期のことになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

すり鉢(擂鉢)の関連キーワードカラーモデル重複組合せ合せ薬順列組合せ飲合せ成形食品低ナトリウム食品不整合面グラニテル

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone