そう(さう)せつ

普及版 字通「そう(さう)せつ」の解説

【瘡】そう(さう)せつ

できもの。ぐりぐり。〔本草綱目、草四、〕()時珍曰く、~今、浙東の人、に其の嫩(どんべう)をりて之れをらふ。云ふ、一年瘡を生ぜずと。

字通「瘡」の項目を見る

【藻】そう(さう)せつ

うだちに水草の模様をえがく。〔論語、公冶長子曰く、臧仲は(さい)(諸侯が用いる卜亀)を居(お)き、を承ける木)を山(形)にし、(うだち)にせり。何如(いかん)ぞ其れならん。

字通「」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android