その他の乳製品(読み)そのほかのにゅうせいひん

食の医学館の解説

そのほかのにゅうせいひん【その他の乳製品】

 乳製品といえばバターやチーズがおなじみですが、ほかにも以下のような、さまざまな種類があります。
◇生クリーム‥‥牛乳に含まれる脂肪分を遠心分離機にかけて濃縮したあと、殺菌処理したもの。料理やソースに加えてコクをだしたり、ケーキの飾り付けに使うのが一般的。
◇サワークリーム‥‥生クリームを乳酸発酵させたもの。酸味とコクがあり、ロシア料理に多用される。
◇脱脂粉乳(スキムミルク)‥‥牛乳から脂肪分を取り除いた脱脂乳を乾燥し、粉末状にしたもの。各種の乳製品の原料に広く使われる。
◇練乳‥‥牛乳の水分を蒸発させて30~50%に濃縮したもの。糖分を加えたコンデンスミルクと無糖のエバミルクがある。コーヒーや紅茶に加えたり、イチゴなどのフルーツにかけて食べるのが一般的。
◇アイスクリーム‥‥牛乳に糖分、香料、たまご、安定剤などを加え、空気を含ませながら凍らせたもの。
 これらの乳製品は牛乳同様、たんぱく質や脂肪、カルシウム、ビタミンA、B2などに富んでいるのが特徴。とくに脱脂粉乳は、ビタミンAには欠けるものの、たんぱく質や各種のミネラル、ビタミンB2を豊富に含む、すぐれた栄養食品です。
 一方、生クリームやサワークリームはビタミンAが豊富ですが、動物性脂肪が多く高カロリーなので、とりすぎは肥満やコレステロールの増加を招きます。また、コンデンスミルクやアイスクリームも糖分があるので、とりすぎは禁物です。

出典 小学館食の医学館について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android