コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

たばこ規制枠組み条約 たばこきせいわくぐみじょうやく Framework Convention on Tobacco Control

1件 の用語解説(たばこ規制枠組み条約の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

たばこ規制枠組み条約

正式名称はたばこの規制に関する世界保健機関枠組み条約。2003年5月、世界保健機関(WHO)の総会で採択され、日本は04年6月に批准、05年2月27日に発効した。骨子は、(1)広告、販売促進スポンサー行為の原則禁止(それが不可能な国は規制強化)、(2)「マイルド」などの表現を規制、(3)健康警告表示は包装の表裏面の30%以上、(4)自動販売機から未成年者が入手できないようにする、など。喫煙に関連した死者が、世界で年に500万人に達するような危機的な状況を打開するために締結された。日本でも、たばこによる国内の健康被害は年間の死者が9万人、そのための医療費は1億3000万円に上ると推定されている。さらに未成年の喫煙者も、高校3年男子で26%、中学3年男子で5%が、毎日喫煙しているという厚生労働省の調査結果もあり、未成年者に対する禁煙対策が急務となっている。

(今西二郎 京都府立医科大学大学院教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たばこ規制枠組み条約の関連キーワードICDタバコ切りタバコ銭寝タバコ葉タバコGMP懸タバコ噛みタバコタバコ蛾タバコ税

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

たばこ規制枠組み条約の関連情報