ちっち蝉(読み)チッチゼミ

デジタル大辞泉の解説

ちっち‐ぜみ【ちっち×蝉】

セミの一種。体長は翅(はね)の先まで3センチくらい。体は黒色で褐色の紋がある。夏・秋に松林などでチッチッチッと続けて鳴く。北海道のものは近縁種のエゾチッチゼミ 秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ちっち‐ぜみ【ちっち蝉】

〘名〙 カメムシ(半翅)目セミ科の昆虫。はねを含めて全長約三センチメートル。沖縄を除く日本に産するセミ類中最も小さい。体は黒色で背面中央に暗黄色の二個の小斑点(はんてん)がある。はねは透明。八~一〇月頃松林などにみられ、チッチッチッと鳴く。南西諸島を除く日本各地に分布。《季・秋》
長塚節歌集(1917)〈長塚節〉明治三八年「蝉の小さなるものなりと或人いふ、ちっち蝉といふものにや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android