ちょんの間(読み)チョンノマ

大辞林 第三版の解説

ちょんのま【ちょんの間】

ちょっとのあいだ。ほんの短い時間。
遊里での短時間の遊興。ちょんのま遊び。 「親玉隠れの-と出かけやした/洒落本・辰巳之園」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょん の 間(ま)

① ちょっとの時。短時間。
咄本・座笑産(1773)茶わん「即座に茶わんをこしらへる芸者をよび、サアちょんの間の細工が見たい」
② 遊里での短時間の遊興。ちょんのまあそび。短時間の情事。また、他人に揚げられた芸娼妓情夫とするわずかの間のあいびき。また、そうした遊びのための部屋。
浄瑠璃一谷嫩軍記(1751)四「万事そこらはちょんの間でお付合なされませと」
私娼酌婦

ちょん‐の‐ま【ちょんの間】

〘名〙 ⇒ちょんの間

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android