コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ていと テイト

デジタル大辞泉の解説

てい‐と

[副]《室町から江戸初期にかけて用いられた語。「ていど」とも》たしかに。まちがいなく。きっと。
「―し損なはうと思うて、色々案じてあるに」〈虎明狂・武悪

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ていと

( 副 )
〔「ていど」とも。おもに中世に用いられた語〕
きっと。必ず。 「先の落ち様には-死ぬると思うてあつたは/咄本・醒睡笑」
たしかに。まちがいなく。 「 -お持ちやるまいか/狂言・二人大名 虎寛本

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ていとの関連キーワードチャン族(羌族)藤原仲麻呂の乱Poisonおんでもない春風亭柳橋山彦 栄子高台寺庭園橋本宗吉召し入る流れ抵当久米正雄長浜別院福岡孝弟対数関数純情可憐草葉の玉指数関数宮本元甫高階枳園自然対数

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android