コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ていと テイト

デジタル大辞泉の解説

てい‐と

[副]《室町から江戸初期にかけて用いられた語。「ていど」とも》たしかに。まちがいなく。きっと。
「―し損なはうと思うて、色々案じてあるに」〈虎明狂・武悪

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ていと

( 副 )
〔「ていど」とも。おもに中世に用いられた語〕
きっと。必ず。 「先の落ち様には-死ぬると思うてあつたは/咄本・醒睡笑」
たしかに。まちがいなく。 「 -お持ちやるまいか/狂言・二人大名 虎寛本

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ていとの関連キーワード口腔(こうこう)チャン族(羌族)藤原仲麻呂の乱Poisonおんでもない墨田(区)山彦 栄子春風亭柳橋高台寺庭園橋本宗吉福岡孝弟対数関数宮本元甫久米正雄中根香亭召し入る草葉の玉指数関数自然対数純情可憐

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ていとの関連情報